バルーンで発表会を盛り上げよう

先日、子供の誕生日にバルーンで部屋をアレンジしてあげたところ、すごく喜んでくれました。それをママ友に見せたところ、すごく興味があったようで、どこで依頼したか聞かれたので、インターネットのお店を紹介しました。そのママ友はピアノの先生をやっていらして、今度、公民館の会場を借りてピアノの発表会があるんだそうです。そこが殺風景な雰囲気のステージなので、何か華やかになる演出がしたいと思っていたので、バルーンはまさしくぴったりだと思ったそうです。その後、写真を見せてもらいましたが、ピアノの周囲にたくさんの可愛らしいバルーンが並べられていて、すごく可愛らしいピアノ発表会になっていました。いつもは花輪を置いて最後にみんなに持って帰ってもらっていたそうなんですが、今回は違う楽しいお土産ができて良かったと大満足でした。これから毎回やってと子供たちにも早速リクエストされたそうです。

バルーンでクリスマスパーティー

仲の良いママ友達と子供たちで、クリスマス会をやろうということになりました。それぞれ料理や装飾など分担したのですが、私は料理が得意でないので、装飾の方を担当することになりました。最初は適当に折り紙で折って会場に張ればいいやと思っていたんですが、なかなか上手に出来ず、だんだんと焦ってきてしまいました。そこでインターネットでクリスマスパーティーにピッタリの装飾はないか探したところ、バルーンショップを見つけました。クリスマス時期にぴったりのカワイイツリーやクリスマスカラーのカワイイバルーンがたくさん売られていて、ビックリしてしまいました。早速注文しましたが、選んでいる段階から自分の方がワクワクしてしまいました。当日はみんなビックリ&大喜び、すごく楽しいクリスマスパーティーになりました。一時はどうなることかと思いましたが、バルーンのおかげで素敵なパーティーをすることができました。

おばあちゃんも大喜びのバルーンを贈ろう

以前、お友達の誕生日にバルーンを送って大喜びしてもらったことがあるので、以来、誰かの記念日やお祝いごとの時には必ずバルーンを贈るようにしています。最初は小さなお子さんがいる家庭や、20代の若い女性にと思って贈っていたんですが、意外と年齢や性別は関係なく、誰でも喜んでもらえる万人受けするものなんだというのが分かるようになってきました。意外だったのは敬老の日に遠方に住む80歳のおばあちゃんに、大きなハートのバルーンを贈ったところ、ものすごく喜んでくれたことです。こんな大きなの見たことないよ、と言ってくれた声が震えていました。自分の顔よりも大きなハートを抱えて写っている写真は、今でもずっと私の中で一番嬉しい一瞬です。来年の敬老の日には、メッセージ入りのもっとビックリするようなものを贈ろうかと、今からワクワクしながらネットで品物を選んでいます。

幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 幼児教育は伸芽会で