ノベルティグッズの宣伝効果は

企業の宣伝のためにノベルティグッズを作成している会社も多いことだろう。特に得意先に対してオフィスで使ってもらえるようなもの、例えばボールペンや時計などを提供することで社名を覚えてもらえる効果というのは意外と大きいものである。ただ逆に社名が目立ちすぎてしまうと今度は使用するのをためらわれる可能性も増大し、逆効果になってしまう。さりげなく毎日使え、しかもうるさくならないようなノベルティグッズを企画するのは大変だ。家族連れ向けの店舗で客に対して配布するものであれば、まずは子ども向けに使えるものを企画するのが無難だろう。子どもの喜ぶ顔を見たくない親というのはいないものである。事実、人気アニメなどのイラストを使用したグッズやスポーツ選手の写真入りのグッズは大量に作られ、客足を増やすのに大いに貢献しているという。ただし、人気の高いものはそれなりに著作権料が高くなりやすいというリスクもあり、題材の決定には慎重になる必要がある。


それでも、こうした宣伝の費用を抑えすぎてしまうのは、ひいては流行っていない店というイメージを植え付けてしまい、少なくないダメージとなりうる。このあたりは宣伝企画担当者の手腕が問われるところだ。消費者の財布の紐が固い昨今であるからこそ、各企業には独創的なノベルティグッズで消費意欲を沸き立たせてほしい。 会社では毎日膨大なオフィス用品が使われています。そうしたものに名前が書かれていれば、人の記憶に残る可能性は非常に高いでしょう。昔からそうした考えを持った人は多くいて、ノベルティグッズ専門の業者というのも存在しているぐらいです。そこで、仮に自社でこうしたノベルティを製作配布するとしたら、どういったものが良いでしょうか。まずはボールペンなどの筆記用具でしょうか。これは単価が安く、かつ大量に配布することでより多くの人に行き届きます。多くの社員を擁する会社であれば、より大きな効果が期待できることでしょう。もう少し踏み込んでみるならば、時計など普段目につくものも良いでしょう。


ただし、掛け時計などでは外部の人の目につくことが多く、人によっては喜ばれないかも知れませんので、置時計などのパーソナルなもののほうが良いかと思われます。過去には、自社名を表紙に刻印した辞書を配布した会社もありました。ハンディサイズのものでしたが、書類を多く作成する会社が相手であったこともあり、好評を得たとのことです。ノベルティはありきたりにならず、かつインパクトのあるものが要求されます。記憶に残してもらわないことには、作成する意味もありません。そういった業者と相談なども行い、より有効な宣伝材料として活用してみてはいかがでしょうか。