企業のノベルティグッズとその価値について

ノベルティという言葉自体の持つ意味については、「珍しいモノ・レアモノ」といった意味が存在します。しかし、一方では企業が宣伝広告のため、発売を開始した製品に付随して付ける企業や製品のブランド名を刻んだモノを指す意味もあります。例えば、ボールペンだったり、タオルだったり等もよく配られますが、宣伝広告のために作られたモノですのでその意味に該当します。


ただボールペンやタオルも企業の製品や企業名を刻めば、オリジナリティの製品にはなるかもしれませんが、ありきたりでインパクトがないため、携帯ストラップやカレンダー、キーホルダー等、企業によっては知恵を絞った実用品を配ったりすることが多いです。また商品に付随されるものだけでなく、キャンペーンやイベント等や企業の記念事業として製作される場合もあります。中にはそういったノベルティとして配られた実用品が、入手経路が困難だったり、限定数しか製作されていないこともあって、返ってレア製品として収集家にとっては高値で取引されるケースもあります。そいったレアなものを集めている収集家にとっては、中には喉から手が出る程欲しいモノもあるそうです。そういった事情よりプレミアムに至るケースも見られるため、ネット市場でもそういった品々が高値で取引されることもあります。逆に反響が良いノベルティグッズであると企業が特化して販売を開始することも過去には存在しました。案外、思わぬ商機をもたらすのがその特徴なのかもしれません。 企業の広告物であるノベルティをもらったのであれば、暫くの間は大切に取っておくのも良いかもしれません。商品によっては、後々、プレミアム価格が付く場合があるからです。今ではインターネットで簡単に個人間売買をすることができます。インターネットオークションは潜在的なニーズを掘り起こしてくれます。しばらく経ったら、インターネットオークションに掲載してみると良いです。また、地域限定のノベルティ品も同じ観点から高い価格が付く場合があります。その地域でしか手に入らないようなものは、他の地域の人にはとても貴重だったりします。高い価格が付きやすいのは、企業が一時的に利用したキャラクター等です。


ノベルティ品の入手の仕方はいろいろあります。キャンペーンやイベントとして、街頭で不特定多数に配布されているものもあれば、一定の応募券を集めたうえで抽選に参加して、当選した人だけがもらえるというものもあります。また、その会社と取引をしている人や社内の人だけに配られるものや、アンケート等の市場調査に参加した際のお礼の品として配られるものもあります。入手しづらければしづらいほど、コレクターの間でプレミアムが付く可能性が高いです。